目尻にシワができる原因

目尻のシワができる原因

 

年齢とともに、誰もが気になり始める目尻のしわはどうしてできるのか、その原因をまとめてみました。

 

年だから仕方ないとあきらめないで、今のうちにしっかり対策をとれば、顔のしわは改善できますから、原因が何なのかを知ったうえで、少しでも改善できるようにしましょう。

 

顔だけでなく、加齢によっていろんなところにしわはでてきます。手や腕など普段から露出して見える部分は気になるところですが、見えないお腹や足など筋肉や脂肪のあるところにも、同じように年齢とともにしわは増えてきます。

 

その中でも、顔のしわは一番気になるところです。顔にたるみやしわがあると、年齢以上に老けて見えてしまうので、顔のしわは特に気になってしまいます。

 

 

皮膚の厚さが原因

 

他の部位に比べて、顔の皮膚は薄くデリケートになっています。手や足の皮膚は多少のことがあっても大丈夫でも、顔は少しのことでもダメージを受けやすいのは、皮膚の厚さが他に比べても薄いので傷つきやすいのです。

 

自分で触ってみても、おでこや頬に比べて目元の皮膚は薄いと感じることができると思います。

 

目元は特に皮膚が薄くなっているので、特にしわができやすいようです。

 

 

皮膚の乾燥が原因

 

年齢とともに、保湿ができなくなり乾燥肌になってしまいます。そのために普段からお肌のお手入れで、美容液やクリームなどでスキンケアをしている人も多いと思います。目元の皮膚も水分が少なくなり保湿できない状態になってしまうと、乾燥してしわになりやすくなってしまいます。

 

皮膚の表面ではなく、肌の奥深くの角質層の水分が少なくなり保湿ができなくなってしまうと、それが原因で乾燥肌になりやすくなります。

 

角質層を水分がしっかりとある状態に保つためには、ヒアルロン酸のような保湿維持ができる成分が必要になってきますが、ヒアルロン酸は年齢とともに少なくなってきますから、どうしても加齢ととみに乾燥肌になりがちになってしまいます。

 

しわの原因となる乾燥を防ぐためには、ヒアルロン酸を補給することで、保湿がしっかりできる状態にお肌を保っておくことが大切になってきます。